介護認定の仕組みを
理解する

どれくらい支給されるのか

それでも少しは足しになる

保険に関する詐欺事件が頻発している中で焦点となるのは、やはり『金銭的な面』だろう。介護保険におけるさぎじけんでもやはり焦点となったのは騙し続けていた期間に支給された金額の大きさによるところだと考えている人もいるはずだ。筆者もこうした事件があるたびに何かと金額の方に目をとられてしまう辺り、やはりお金に対して全くの未練を持ち続けるのは難しいだろうなぁと感じてしまう。ただこれは個人に関する問題でもないだろう、お金に関して困っている人は世の中にごまんといるわけだが、その中でも特に病気を患っている人などは苦しい経済状況から解放されたいと感じている人もいるはずだ。日本の保険はまだ海外と比べたら安定しているが、それでも症状によっては治療までの期間のため病院に通院しなければならないなどの理由が出てくる場合がある、そうなると仕事どころの話ではなくなってしまうため、必然治療と仕事の両立をしながらも、両方を切り捨てることは出来ない二律背反な状況に苛まれるだろう。

そうなるとやはり少しでも負担を減らしたいと考えるが、中々上手くいかないもの。保険の自己負担金が3割で済んでいるとはいっても、積み重ねていくと本当に笑えないが苦になってしまうこともあるため、苦しい生活をしているとなおのこと健康であることを求めたがるが、それが出来なくて困ってしまう人もいる。所々実体験に基づいて話しているが、本当に辛いものだ。

介護保険制度で支援、または介護と認定された場合には当然所定の金額を支給されることとなる。その金額も少ないと感じる人もいるかもしれないが、ただ状態によっては正直これで本当に足りるのだろうかと感じてくる。


支給金額一覧

この介護保険制度を利用した介護などを受けられることになった場合、どれくらいの金額を支援金として支給してもらえるのかだが、考えようによっては多いと感じる金額になっている。これから記載するのはあくまで限度額となっているが、目安としては次のようになっている。

  • ・要支援1と判断された場合の支給限度額:50,030円
  • ・要支援2と判断された場合の支給限度額:104,730円
  • ・要介護1と判断された場合の支給限度額:166.920円
  • ・要介護2と判断された場合の支給限度額:196,160円
  • ・要介護3と判断された場合の支給限度額:269,310円
  • ・要介護4と判断された場合の支給限度額:308,060円
  • ・要介護5と判断された場合の支給限度額:360,650円

まず最初に言うとすれば、支援1と2では既に5万円以上の開きがあること、介護1と介護5では20万円前後といった開きが出てしまっていることに注目したい。支援と言っても介護といっても、法律に基づく支援内容によって支給される金額は天と地ほどの差が出るほどでは無いが、状態に応じた必要金額が支給されることになる。当然、症状の大きさに関して判定される前であっても、出来るだけ多く支給されれば良いなぁと感じている人は少なくないはずだ。

ただ支給されれば良いというわけではなく、単純にこれからの生活に必要な金銭を伴うとなれば必要となる分を負担して、患者本人に負担を強いていることはないと安心させたいと思うのは家族なりの思いやりといったものだ。だからといって嘘をついていいわけでは無いが、今でこそ少しは改正されたことで不正を働く人は減っていると考えて問題ないが、それでも現実問題中々厳しいと考えられるのかもしれない。忘れてはならないのが、こうした判定を下すのはあくまで人間であること、特に調査員が個人の判断でどれくらいの介護を必要としているのかを調査結果として報告してしまう。

詐欺事件の例でいうと

さてここでモデルケースとして詐欺事件の件で当てはめて考えると、このケースでは本人が明らかな虚言を吐いたとの事で問題となっており、問題の焦点となった2006年10月から1年間もの間に支給金額300万前後を搾取したと当時のニュースで騒がれていた。詳しい値段に関しては表記されていなかったため分からないが、先に紹介した基準と照らし合わせて考えるとおよそ『要介護3』相当の認定をされて保険金額を受け取っていたことになる。

こう言ってはなんだが中々良いご身分だと言えるだろう、本人はその金で何をしていたか分からないが贅沢こそ出来ずとも毎日働かず悠々自適に暮らしていたとなれば、さすが西も見逃すことは出来ない。おまけにかつて自分達の仕事をしている人間の申請ともあればなおさらだが、世の中にはこれだけでは月々20数万前後の支援金だけでは足りないなどといったニュースが流れるたびに、ネットユーザーから大きな批判と苦情が殺到している。これだけ稼いでで生活するのも今の日本では相当辛いもの。そう考える渡航して抜け道を見つけて自分の体が思うように動かないなどと嘯いて生活している人など、許されると考えるほうがおこがましいものだ。


実際問題として

ただこうした支給金額を左右することとなる認定に関してはまちまち、つまり調査員の裁量に委ねられている部分があるという。それもそうといい加減だと話している調査員もいるらしく、おまけにどんなに症状が重くても、滅多な事では『介護5』と認定されるような症例に立ち会う機会はほとんどないというのだ。どんなに重くても、『要介護3』が限界で、4と指定されるケースも、本来の調査では限られたケースでしかないと言われている。

こうした本来なら設定されるはずのない保険制度を宛がわれるようなことになっているのかが、認定調査員としての仕事で生じている問題であり、これを改めて調査すると実際のランクはもう少し下であると見なされる場合もあるというのだ。おそらく詐欺事件を働かした当人もそのことは分かっていたのだろう、だからこそ主治医とヘルパーを取り込んで、それに応じた支給を受けられるように画策したといえる。どうしようもないが、悪どいことを考える人は抜け道だけは見つけるのが上手いなと、変なところで痛感させられてしまう。